コロナ禍での家族サービスは

コロナ禍で家族サービスはどうしたか聞いてみると

①子供とゲーム、Youtubeなど

②人通りが少ない場所を散歩

③ダンスを踊ったり、庭で縄跳びなど自宅アスレチック

④マスクを作ったり、子供のリビング用の学習机を作ったり自作DIY

⑤自宅の庭で手作り野菜とかガーデニング

などがあります。

ただ③ダンスとか④自作DIYとか⑤ガーデニングなど賃貸住宅ではやりにくいものなので、回答した人は持家の戸建て住宅だと言えるでしょう。

 

この風潮により、都心寄り賃貸住宅に住んでいる人の郊外の庭付き一戸建ての人気が高まっています。

そして郊外庭付き一戸建てでの「オウチライフ」で人気なのは

①庭で家族だけでバーベキュー

②庭で子供だけでキャンピング

③手作り野菜作りやガーデニング

などになっています。

いずれも「オウチライフ」を通じて家族のコミュニケーションが深まると共に、子供にとって興味のある楽しいものといえます。

庭で家族たけでバーベキューは他人とかかわることがないためコロナの心配がなく、自然を味わえて、家族で共同作業をする子供も楽しいものです。

特にキャンピングは自宅の庭とはいえ、トムソーヤの冒険のツリーハウスのような冒険気分が味わえるワクワクするものです。親にしたら自宅の庭なので目が届き、安心安全なのがいいです。

こういう地に足をつけて太陽をあびることができるのが郊外庭付き一戸建ての醍醐味と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ